神奈川県電気工事工業組合川崎地区本部
トピックス
川崎地区本部トピックスイメージ
トップ
トピックス
行事
電気工事士免状申請
組合説明
工事センター
お問合せ
アクセスマップ
リンク
川崎地区本部の最新情報を掲示します。
また、会員情報を掲示したいときは事務局にお申し出ください。

川崎地区本部
第53回通常総会開催 R1/5/17

令和元年5月17日、川崎日航ホテルにて川崎地区本部第53回通常総会が執り行われました。
今年度は役員改選の年にあたり、新理事20名が承認され、執行部3名の選出、相談役の委嘱と新たな体制で令和元年度をスタート致しました。
【新執行部】
 ・本部長 板橋 惇
 ・副本部長 和田 清
 ・副本部長 河口 武生

【相談役就任】
 ・岡田 修二

・・・ごあいさつ・・・

平成の激動の時代も終わり、新元号令和が輝かしくスタートしました。
建設業界は、今も受注拡大に伴う人材不足が相変わらず懸念されており、我々電気工事業界も人材不足・後継者問題が大きく取り上げられております。

当地区本部は、川崎市内電気設備業連絡協議会と連携をとり、川崎市内の中学生対象に毎年行われている「技能職者に学ぶ」に参加しております。

川崎市労働局主催の後継者育成事業の一環であるこの活動にこれからも積極的に協力し、青年部と共に電気技術者の増加に努力する所存でございます。

これからも、会員相互の情報交換を密に事業計画を推進してまいります。
今後とも会員皆様のご協力をお願い申し上げます。

AED講習会開催 H30/11/6

平成30年11月6日、川崎地区本部では青年部が中心となってのAED講習会を開催致しました。

昨今、街中を見回すと学校・公共施設・コンビニエンスストア等にAEDを設置している建物が多く見かけられるようになりましたが、実際に使用したことがある方はほとんどおられないのではないでしょうか。

又、使用する場合にAED装置は電源を入れた後は音声メッセージに従って操作するだけといわれておりますが、実際にその場面になった時に躊躇なく操作できるのか不安に思う方も多いと思います。
何の前触れもなく急性心筋梗塞や脳卒中は起こります、又プールで溺れたり喉に物を詰まらせたときに心臓や呼吸が止まってしまうと生命の維持が危険にさらされてしまいます。

現在、川崎市での救急車の平均到着時間は約6分。この間に脳に血液を送ることができないと死亡、もしくは脳に重大な後遺症を発生させてしまうことになります。

心肺停止の方で救急隊が到着するまでAEDによる電気ショックを行われなかった方の1か月後の社会復帰率は18.9%、一方救急隊が到着するまでの間に住民が電気ショックを行った場合は約2.3倍の43.3%になり、早い時期でのAEDによる電気ショックが重要であることが分かります。
当日講習会会場の川崎臨港消防署講堂には、岡田本部長をはじめ約20名の方が参加されました。

川崎地区本部で行う講習会は今回で3回目。講習修了者には普通救命講習1修了証が交付されますが、おおむね3年ごとに講習を受けるように推奨されていますので、今回参加者の多くの方が過去の講習経験者でした。講師による説明・実演後、3組に分かれての心肺蘇生実技講習が行われました。

胸骨圧迫・人工呼吸を繰り返した後にAEDの操作を行いましたが、胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を継続して行うにはかなりの体力が必要で、分もしないうちに汗が流れてきます。

練習用の人形を相手でこれですから実際に人を相手にした場合はいったいどうなるのだろうと思ってしまいます。
このような緊急の場面に出会わないことが幸いですが、もし救助を必要とする場面に遭遇した時には少しでも役に立てるのではないかとの自信が持てるようになった講習会でした。

電気使用安全月間行事
「延長コード作成のイベント」開催 H30/8/9

さる8月9日に川崎地区本部では電気使用安全月間の行事として延長コード作成のイベントを行いました。
例年は地区本部前の駐車場にてイベントを行っておりましたが、今回は富国生命保険相互会社 京浜支社様から夏休みの子供のイベントとして一緒に開催できないかとのお誘いがあり共催することになり、会場は富国生命京浜支社4階会議室を使用し、イベントの案内書は保険の外交員さんが顧客様及び新規訪問時に配布してくれることになりました。
当日は朝まで台風の影響があり天気の状態が大変心配でしたが、何とか天気は回復してくれたのは良かったのですが今年は例年にない酷暑、空調の効いた室内で開催できたのがどんなにありがたかったことか。
10:30の開催時間前に早くも親子での参加者が来場され、岡田本部長はじめ川崎地区本部所属組合員3名+富国生命職員4名で対応にあたりましたが、思った以上に参加者が多く同時に4〜5名を担当することもあり嬉しい悲鳴となりました。
年齢にかかわらず子供たちは物作りに興味がある様で、器用にドライバーを使いこなし一緒に作業しているお母さんから「こんなこともできるんだね」と声を掛けられて満面の笑顔になる子、自分の作ったコードにテストランプを取付けてコンセントに接続してランプが点灯した時に「やったー」と大喜びする親子の姿が沢山見られ、後半では会場の様子を見に来られた富国生命の職員さんが「私もやってみたい」と多数参加して頂き予定時間をオーバーする盛況となりました。
コード作成後は漏電遮断器、感震ブレーカーの案内書により用途と必要性を知って貰い、アンケート用紙にてご自宅の電気設備について改めて知って貰うことができ、電気を安全に使用するための広報としてのイベントを無事に行うことができました。
ご協力頂きました富国生命保険相互会社の皆様、大変ありがとうございました。また機会がありましたら一緒に開催させて頂きたいと思います。

今年度(30年度)は、川崎地区本部事務所の夏季休業はございません

川崎地区本部親睦旅行 H30/6/2
「鹿島神宮・銚子日帰りバス旅行」

梅雨入り前の晴天に恵まれた爽やかな休日、川崎地区本部の組合員、そのご家族、事務局など33名の参加者で組合員親睦バス旅行に行ってまいりました。

▼まずは、関東最強クラスのパワースポットといわれる鹿島神宮へ。ここは、人・組織を束ねるリーダーや独立起業者の方、人生の転換期の方などが参拝するとご利益があるそうで、組合員の皆さまにはぴったりのスポットだったのではないでしょうか。
緑深い神聖な境内を散策すると心が洗われ、またこれから頑張ろうという気持ちが湧いてきました。
鹿島神宮 朱色に輝く桜門

奥宮を守るご神木からパワーをいただいています!
地中部分は巨大な?最強パワーの『要石』

▼店内にいけすがある『一山いけす』さんにてランチ。地元の方が訪れるというこちらのお店では、新鮮な海鮮料理の数々に舌鼓を打ちました。なかでも金目鯛の煮つけは超絶品、デザートの銚子メロンまでおなか一杯いただき、ごちそうさまでした。
水揚げされたばかりの新鮮な海鮮料理
地元の方に大人気の料理店『一山いけす』

▼続いて銚子ウォッセ21で、買い物、石上酒造にて酒蔵見学と試飲。男性も女性も其々にご満足いただけたのではと思います。
まずは見学
お待ちかね『銚子の誉』試飲

▼そして銚子電鉄に乗車。ご存知『ぬれせんべい』で経営を立て直したというローカル線です。ぬれせんべいだけではなく、2015年からはユニークな愛称のネーミングライツ(命名権)による企業からの支援をうけて、ますます元気な銚子電鉄。かわいい車掌さんも「切符拝見!」と2両の社内を巡回しています。
銚子電鉄に乗車
サブ駅名?がユニークな『絶対にあきらめない ちょうし』

▼最後に『地球の丸く見える丘展望館』で、碧い海と青い空をながめ解放感いっぱいの気分で旅の締めくくりとなりました。
ぐるり340度の眺めの展望台
紺碧の青空と海 ほんとに地球がまるくみえました

ご参加いただいた組合員の皆さま、ありがとうございました。数々のご協力に感謝申し上げます。
川崎地区本部では、一般ツアーにない独自のルートや特別に組んでいただいたお料理、立ち寄り先も吟味してオリジナリティあふれる親睦旅行の企画・運営を計画しております。まだ参加されたことのない皆様にも、ぜひ次回はお目にとめていただけたら幸いです。

川崎地区本部親睦ゴルフ大会開催
H29/9/14

H29年9月14日≪第5回川崎地区本部親睦ゴルフ大会≫が行われました。
あいにくの霧のなかのスタートでしたが、川崎地区本部組合員および電材店様より17名の参加があり、和気あいあいと交流を深めました。
《於:上総モナークカントリークラブ》

《プレイ後のパーティー》

平成29年度「電気使用安全月間」
H29/8/3

8月3日川崎地区本部事務所前にて、安全キャンペーンを実施いたしました。当日は例年と比べて涼しく18名の方が参加、延長コード作りの体験をし、安全な電気の使い方について学んでいただきました。

川崎地区本部親睦「日光 日帰りバスの旅」
H29/7/1

梅雨空の中、川崎地区本部組合員、そのご家族、事務局など35名の参加者で、日光に行ってまいりました。 あいにくの雨も恵みの雨となり、洗われた「陽明門」はくっきり鮮やかな色彩を放ち、「眠り猫」「三猿」も美しく蘇って私たちを迎えてくれました。
巫女さんに境内を案内していただき、団体特別祈祷で川崎地区本部の安全繁栄を願い東照宮を後にしました。


《巫女さんご案内による境内散策》

《1ヶ月半だけ薄目をあけていたという「眠り猫」》

《団体特別祈祷後の直会》

《お神酒をいただきました》

ランチは、金谷ホテルで肉コースと魚コースをお好みでチョイス。肉料理の「ビーフシチュー」を選んだ方が多かったのですが、魚料理の「ニジマスの金谷風」を選んだ方が「美味しかった!」と感激していました。
次回(?)はお魚もいいかもしれませんね〜(…事務局談)ハウスワイン(赤)は軽く飲みやすく、注文されていた方が多くいらっしゃいました。
《日光金谷ホテルにてランチ》

《お肉コースのビーフシチュー・お魚コースはニジマスの金谷風》

《いただきます》

続いて「大谷資料館」、ここは大谷石の採掘場跡を資料館として見学できるようにしてあります。 各種ロケやコンサートに使われているそうで「神秘的な巨大地下空間!!」のキャッチフレーズ通り、見ごたえのあるMUSEUMでした。 80sの切り出した石を1人で担いで運んだという当時の人々に思いを馳せ、しばし異次元の世界を堪能いたしました。
《巨大な大谷石》

《ボランティアガイドさんによるご案内》

《300段の階段の先は・・・》

《採掘場跡の巨大空間》

《ロケにも使われるという幻想的なスペース》

《お疲れ様でした》

盛りだくさんの旅を終え、帰りは「道の駅 宇都宮ろまんちっく村」でたっぷりお土産を購入。 充実した親睦旅行となりました。ご参加いただいた組合員の皆さまに、ご協力感謝申し上げます。

まだご参加いただいたことのない方々には、次回ぜひご一緒できることを願って・・・親睦旅行のご報告とさせていただきます。

第51回川崎地区本部通常総会開催
H29/5/19

平成29年5月19日、川崎日航ホテルにて「第51回川崎地区本部通常総会」が行われました。
本年度は役員改選の年であり、大師支部4名、田島支部5名、中央支部5名、御幸支部4名、橘支部2名の計20名の理事が選任されました。
また、平成29年春の叙勲で旭日双光章を受賞されたトヨオカ電気鰍フ十八日義雄様の表彰をはじめ、従業員永年勤続表彰にて4社6名の表彰を行いました。

平成29年度 川崎地区本部第51回通常総会


平成28年度 執行部 (岡田本部長、若月副本部長、板橋副本部長)


5期10年川崎地区本部のために、ご尽力いただいた若月(旧)副本部長


平成29年度 和田(新)副本部長


旭日双光章受賞 トヨオカ電気鰹\八日義雄様


通常総会懇親会


「技能職者に学ぶ」報告
(川崎市内電気設備業連絡協議会共催)

平成29年2月7日   御幸中学校にて講話
平成29年2月14日  御幸中学校にて活動
平成29年2月28日 東高津中学校にて活動

平成28年度3回にわたって開催された「技能職者に学ぶ」の活動のうち2月28日の東高津中学校で行われた活動をご報告いたします。

参加団体は、着付け・石材・大工・板金・電気・鍼灸マッサージ・塗装・広告美術・タイルの9職種で、それぞれの職種に生徒が12〜20名参加しました。
電気は、川崎市内電気設備業連絡協議会として川崎市電設工業会、神奈川県電気工事工業組合
川崎地区本部、高津地区本部、川崎北地区本部より6名が講師として参加しております。
体育館にて挨拶・趣旨説明・講師紹介の後、各教室に分かれて職種ごとの講座が開始されました。
電気は、男女20名の生徒が参加して川崎地区本部技術委員の東さんが講師担当となり
  1. 発電所で発電した電気が各家庭のコンセントにどうやって届くのか
  2. 電気の流れる速さは、どのくらい早いのか
  3. 電気屋さんは、どんな仕事をするのか
  4. 仕事をするのには、どんな資格が必要なのか
  5. 電気は目に見えないので、どのようにして安全な作業を行うのか
などの説明の後に、4名ずつ5班に分かれて延長コードの作成を行いました。

コードの被膜剥きでは、既定の寸法に合わすため皆真剣に物差しで長さを測って作業し、圧着ペンチでは両手を使ってようやく圧着できたりと初めての作業に戸惑ってもいました。
そして無事にコードが完成し、そのコードで電球・蛍光灯・LEDを点灯、クランプメーターで電流を計測後、使用電流の違いを実感してもらい講座を終了しました。
まだ中学生では将来の自分の職業といっても、全く想像もつかないのが現状でしょうがこのような講座を良い機会に、電気という職種に少しでも興味をもってもらえたらと思いました。

川崎地区本部 文化広報 和田 清